自転車おやじブログ

おやじのサイクルライフ

手賀沼を周回してきますた~

今日は先週に続いて手賀沼へっ。懸案事項だった手賀沼を周回することにしますた。一日曇りで遅くなると降りだす予報でしたが、走り出してみると薄日がさす陽気に。まずは江戸川を三郷流山橋まで。

大堀川の大堀水辺公園では、大漁のこいのぼりが泳いでおりますた。(^.^)

手賀沼でお昼に。やぐら(?)に登ってまったりといただきますた。先週に比べると桜も終わって、公園も少し落ち着いた雰囲気ですね。

あけぼの橋から更に進んで手賀川へ。先週のライドで走った左岸ですが、序盤の路面が細かい砂利の様になっててちょっと走りづらい。右岸を見ると自転車海苔が結構走っているので、同じ区間を今度は右岸で走ってみると走りやすい路面状態ですた。

あけぼの橋に戻って手賀沼北岸へ。遊歩道が設置されていますが、道幅がある南岸に比べると快適に走れる感じでは無いですね。

遊歩道は手賀沼公園で終わり。ここから先は一般道の手賀沼ふれあいラインを走りますが、路肩が広く、道沿いに食事処があちこちにあって良いですね。江戸川に戻ってからはまだ時間があったので、ピストトリックの練習をしましたが、ポツポツと降ってきたので退散しますた~。

走行距離:98.84km
走行時間:5h5m0s
平均速度:19.4km/h
消費カロリー:2,565.36kcal
二酸化炭素削減(車):14,331g
二酸化炭素削減(バス):6,523g
二酸化炭素削減(電車):1,976g

江戸川→手賀沼→利根川→小貝川→牛久沼を走りますた~

今日は手賀沼方面のルート開拓っ。利根川、小貝川を経由して牛久沼まで走ってみます。利根川は何度か走ってはいるのですが、手賀沼から入るのは初めて。小貝川もキャンピングスタイルで走っていた大昔に一度走った様な記憶が。牛久沼は今回到達できれば初めての地になりますね。できるだけ自転車道を使って走る計画デス。

前回走った記憶をたどってまずは江戸川から降りるポイントを確認。ここから続く道を真っすぐ走ると、流山おおたかの森駅まで行けます。

手賀沼に続く大堀川の桜もまだ見頃で、多くの皆さんが花見をされていますた。

手賀沼はあちこちに休憩スポットがあって良いですね。コンビニで買い込んだお昼を食べますた。

手賀沼から更に走りマス。道なりに走れば迷うことはありませんね。

無事に利根川に接続して、栄橋を渡って左岸へ。ここも桜が綺麗ですネェ。

利根川から分岐して小貝川へっ。家財道具を積んで貧乏ツーリングしていた頃、週末の度にあちこちテント泊ツーリングしてたのですが、小貝川でも一泊した記憶があるのですよネェ。

そして牛久沼に到着~。今日は水辺公園までで帰りましたが、沼周辺には自転車道とかは整備されて無いのかな?もうちょっと色々と整備すれば賑わうと思うんですけどネェ。

帰りは来た道を戻って無事に江戸川まで。自転車道を繋げると、結構走れることが分かりますた~。

走行距離:138.16km
走行時間:6h56m0s
平均速度:19.9km/h
消費カロリー:3,497.76kcal
二酸化炭素削減(車):20,033g
二酸化炭素削減(バス):9,118g
二酸化炭素削減(電車):2,763g

固定ギアのアシスト機能について考えてみますた

こんにちは、サイクルライフを楽しんでますか?

今回は現在のおやじのサイクルスタイルの肝である固定ギアについて、先日のフリーギア&固定ギアでのライドで実感したことをまとめておこうと思います。固定ギアはホイールが回っている限りはペダルも勝手に回ってくれる訳で、これを「アシスト機能」と良く言われますが、これって実際どーなの?ラクに走れるってこと?と議論になることがありますよね。先日のライドでの実感としては、「アシスト機能によって楽に走れる」というのが結論です。同じ日にフリーギアと固定ギアで走ったのですが、こんな感じですた。

フリーギアで走った時

5年以上の間、固定ギアオンリーで走ってきた脚でフリーギアに乗ってみると、うまくペダルを回せずに「カッコンっ、カッコン!」と音を鳴らしながら走ることになってしまいましたが、音が鳴るタイミングは次の様な感じでした。

  • 下死点から上死点へ回す時。
  • 特にダンシングでグイグイ回して走ろうとした時。

固定ギアで走った時

フリーから固定に変えてみると、上記2点のタイミングでペダルが「グイっ」と押し上げてくれる感覚がありました。特にダンシングでは押し上げ効果でペダルの回転に勢いが付く感じがありました。しかし、しばらく固定で走り続けていると慣れてしまって、押し上げ効果は最初ほど明確に実感できるものでは無くなっていきました。

考察

固定ギアに慣れた脚でフリーギアを漕いだ時に「カッコンっ、カッコン!」と音が鳴るのは、固定ギアにあるペダルの押し上げが無くて脚が止まってしまうのが原因かと思いますが、この押し上げ効果がいわゆる「アシスト機能」の肝なんだと思います。具体的には下死点から脚を上げてくれる効果ですね。ペダリングのスキル云々の問題もあるかと思いますが、フリーギアでは脚を上げるのは自分の脚力しか無いのに比べて、固定ギアではアシスト機能の分だけ楽に回せることになります。

固定ギアに慣れた脚でフリーギアで「カッコンっ、カッコン!」となってしまうのは、この押し上げ効果に慣れてしまって、自分の力で脚を上げることを身体が忘れてしまったためかと…脚を上げるのにたいして力は使わないと思いがちですが、確実に疲労の原因にはなっていくと思います。

実際、これは先日のライドに限ったことではありませんが、固定ギアの「アシスト機能」をおぼろげながらに実感するのは、ロングライド後半の脚が終わっている状態の時や、向かい風の中を走り続けている時なんですよね。いずれも脚が重くてもうペダルに乗せているだけという感覚の中で、ペダルが脚を回してくれている…と感じることが多い。先日のフリーギア&固定ギアのライドで、そのことがより確信できた感じです。

そしてもう一点。先日はライド中にフリーから固定へ変えたので、直後は明確にその違いを実感できた訳ですが、一方で慣れてしまうとアシスト機能の実感が薄れてしまって、実際にどれぐらいの恩恵を受けて走っているのか曖昧になってしまう…つまり、アシスト機能はあるにしても常に認識できるほど劇的なものという訳では無いと言えるかと思います。まぁ、劇的に楽に走れるという代物だったら、ピストブームの後も固定ギアの自転車に乗ってる人はもっと多いかと。(^^;

数値で明確に提示できれば良いのですが、よくある機材インプレで複数の機材(今回の場合は固定ギアとフリーギア)をタイム計測して比較する的なやり方って、どうしてもエンジンである人間の作為的な面が結果に反映してしまうと個人的に思っているので、今のところはやるつもりは無く…何か良い比較方法があれば試してみたいと思いマス。

フリーギアでロングライドしてみますた~

日曜日の早朝は雨が降っていましたが、次第に晴れてくるとの予報だったので、雨が止んだのを確認して関宿まで走ることにしますた。今日のライドでいつもと違うのがギア。先日のブログエントリーでもご報告した16Tのフリーにして走ることに。果たしていつもの固定16Tとの違いを実感できるのか?

最後にフリーギアの自転車に乗ったのは現在の住処に引っ越した時のことなので、もう5年以上前になる訳ですね。その時のライドのブログエントリーにも書いてありますが、今回もフリーギアに乗るとうまくペダルを回せずに、「カコンっ、カッコン!」と音を出しながらの走行に…ピストはスムーズなペダリングを会得するには最適っというロード練習法は正しいんでしょうかぁ~?

自転車道沿いの菜の花はだいぶ終わってきていますが、まだまだ盛りの区間もっ。自転車道が狭くなるほどで、菜の花の香りでむせ返る程ですネェ。

宝珠花橋付近まで来ると、春日部大凧あげ祭りの準備が始まっていました。今年もGWに大凧が舞うんですネェ。(^^)

関宿に到着~。桜も良い感じに咲いていて、公園は賑わっておりますた。

菜の花も咲いていて、皆さん思い思いに過ごされていますた。桜は来週末にはもう散ってしまいますかネェ。

今日は相棒も午後から江戸川を走るというので、竹林カフェ 風で落ち合うことに。初めてカフェに入ってまったりしますた。コロナで長い間一緒に走ることができなかったのですが、よーやく日常が戻ってきたという感じですね。

カフェからは二人で走りましたが、向かい風の中を相棒が鬼引きっ。二人の暗黙の了解でいつもは時速20km程度のペースで走るのですが、サイコンが壊れてるとかなんとか言って時速30km近くになる時もっ。ダイエットに成功して身体が軽くなったとかで調子こいてますた。 (^_^;

お陰でこちらは脚がすっかり終わってしまい、相棒と別れた後はたまらずに固定ギアに戻して走ってみますた。固定ギアの「アシスト機能」はというと…実感できることがありますたネェ。詳しくはまた別のエントリーで(もったいぶる程のものではありませんが (^.^; )。

走行距離:119km
走行時間:5h30m0s
平均速度:21.6km/h
消費カロリー:2,772kcal
二酸化炭素削減(車):17,255g
二酸化炭素削減(バス):7,854g
二酸化炭素削減(電車):2,380g

Bakansucyclesさんへ行ってきますた~

こんにちは、サイクルライフを楽しんでますか?

先週末ですが、江戸川沿いにある、おやじの住処から近い自転車専門店のBakansucyclesさんへ行ってみますた~。以前からお店のInstagramで、ご主人の趣味である釣りの釣果を(もちろん自転車情報もっ)チェックしてたお店です。

おやじにとってBakansucyclesさんの魅力は、Surlyの取り扱い店であること。ご主人自身もSteamrollerや他のSurlyバイクのオーナーさんみたいなんですよネェ。Steamrollerは一度は乗ってみたいピストフレームなのですが、Surlyを取り扱っているお店って東京まで足を延ばさないと無いと思ってたんですよね。でも、こんなに近くにメインに扱われているお店があったとはっ。

週末午前中のライドイベントや、キャンプツーリングイベント、バイクロアへの出店&イベント運営(キッズロアを取り仕切られているそうデス)など精力的に活動されていて、シャカリキに走るというより、ユルく自転車を楽しむ皆さんが集う楽しそうなショップなんデス。

Steamrollerの購入を本格的に検討する様になったら一度来店しようと思ってたのですが、それだといつまでたっても行かないことになっちゃいそうなので(今のJAMISにも愛着が…)、とりあえず固定ギアとか欲しい小物類が置いてないかチェックしに行くことにしますた。江戸川をいつも走る方とは違う左岸へ渡ってお店まで行ってみると…あったっ!この日は自転車ではなくて、一輪車で江戸川を走った帰りでそのままお店にお邪魔したのですが、ご主人は快く迎えてくださいました。

早速Steamrollerについてお尋ねしたところ、何とっ、既に生産が終了してしまってるとのことではあーりませんかっ!CrossCheckの生産終了は結構ネットでも騒がれて、Surlyの現行ラインナップでリムブレーキ対応のフレームはSteamrollerだけになってしまったなぁ~と心配はしていたのですが、心配が的中してしまいますた。既にお店の在庫分のみとのことデス。お店にはブランド終了となったAll CityのピストBig Blockのフレーム(こちらも在庫限りで終了)も吊ってありましたが、馴染み深いピストフレームが次々と無くなっていきますネェ。

ご主人にはSteamroller以外にも、色々なお話し(釣りの話しとかも(^^))をお伺いすることができました。次回はピストでお邪魔したいですネェ。

1 2 3 4 5 6 7 15